第111回【虐待する側の反省の言葉に賭けるのはかなり危険】Twitter・Instagram水野優子のイラストプチコラム

第111回【虐待する側の反省の言葉に賭けるのはかなり危険】Twitter・Instagram水野優子のイラストプチコラム



人を信じることは
大事ですが

被害者にとって
迫害した人を信じ、

また近づくことは
あまりにもリスクが高すぎます。

周りは
問題の収束に
意識が行き、

加害者との
円満解決に向けて
動きがちですが

ハッピーエンドな未来しか
想像できません。

被害者自身ではないから
うまくいく可能性に
賭けられるのです。

最悪な未来を想定し、
『二度と信じない』

その上で、

それが
うまくいく大きな可能性

されど『絶対ではなく』、
あくまでも『可能性』

に賭けて
被害者をまた戻すのかどうか、

考えてみてはと思います。

ひとつ言えることは

被害者が
正常な思考で判断することは
なかなか難しい

かなり難しい

ということです。